僕がせどりを始めたきっかけは、

安月給によるものだった。

 

社会人になると同時に給料8万円の生活が続いた。

僕は友達の誰よりも給料が安かった事にコンプレックスを抱いていた。

 

それを脱却するために頑張った。

 

ブックオフから買った古本が初めて売れた時に、

心踊った事を鮮明に覚えている。

 

毎日毎日楽しかった。

 

せどりで利益が出るようになってからは、

僕は妻と一緒に旅行をしながらせどりを行った。

 

1日はせどり。

1日は遊び。

 

そんな感じで1泊2日で遊びに行く機会が増えた。

 

それまではお金が無い影響で、

妻とは部屋で一緒に過ごす事が多かった。

 

せどりを行ったおかげで人生の選択肢が増えた。

 

旅行中にせどりをする事によって、

旅費以上に稼ぐ日も珍しくなかった。

 

ただ、一緒に旅行に行って仕入れをするのは、

僕の楽しみであって、妻の楽しみでは無かった。

 

1日だけとは言え、妻をほっぽり出して仕入れをするのに

多少の罪悪感を感じたのだ。

 

それを解消するために、僕は電脳せどりに取り組んだ。

これが功を奏して僕は店舗に仕入れに行かずとも

インターネット上だけで稼ぐ事が出来るようになった。

 

しかも、繰り返し同じ商品を仕入れる

資産構築型の電脳せどりを編み出す事に成功したので、

少しの隙間時間でお金を稼ぐ事が出来た。

 

電脳せどりの方が効率が良いことを知り、

店舗せどりの時間が次第に少なくなっていった。

 

妻と一緒に旅行に行っても、

店舗に足を運ぶことが少なくなった。

 

旅行に行けば行くほどお金が増えるという

謎の現象が発生した。

 

 

 

人生が一気に楽しくなった瞬間だった。

 

ただ、少なからずお金の不安はあった。

この生活がいつまで続くのか分からなかった。

 

一家の主として僕は稼ぎ続ける事が義務だ。

死ぬまで妻と楽しく生きるのにお金は必要だった。

 

だから僕はアフィリエイトを始めた。

せどりで実績を作り出していたので、

アフィリエイトでも稼ぐ事が出来た。

 

初心者は先ずはせどりで実績を作って、

その後にアフィリエイトをすれば良いと思う。

 

アフィリエイトを始めれば、自由が手に入る。

 

せどりも素晴らしいビジネスだが、

仕入れをストップすれば売れる商品が無くなるので、

それ以上お金が増えなくなってしまう。

 

しかし、アフィリエイトの場合は

仕組みを作れば何もしなくてもお金が増え続ける。

 

僕は仕組みの強化をアフィリエイトのメインテーマにしたので、

放ったらかしでも毎月150万円以上は入金される。

 

朝起きて10万円くらい報酬が発生している時もある。

僕が寝てても、旅行をしてても、妻とゆっくり過ごしてても

止まることなくお金が入り続けてくる。

 

僕も妻も貧乏出身なのでお金を使うことに未だに抵抗がある。

これを聞いて驚かれる事が多いが、僕は自分のために使うお金は1ヶ月数千円だ。

 

ただ、妻に対してはお金を使う。

また、妻と一緒に楽しむためにはお金を使う。

 

妻と一緒にいるだけでも楽しいが、

何かをプレゼントして喜ぶ顔を見て僕も喜んで見たり、

一緒に旅行に行って楽しむのも好きだ。

 

お金が全てというつもりは無いが、

お金を稼ぐ事で自由も広がるし楽しめる事も増える。

 

給料が低く、将来に多大な不安を感じでいた僕が、

将来に感じる不安は微塵も無くなった。

 

昔は精神的に不安定だった。

回転ずしで妻が100円以外のお皿を手にすると腹が立っていた。

外食で僕よりも高い料理を注文する妻に腹を立てた。

友人と飲みに行く時にお金の事ばかり気にした。

二次会で夜の街に消えていく友人を羨んだ。

結婚式は喜びよりも3万円を失う苦痛の方が大きかった。

旅費もケチって佐賀県〜大阪間は気合で運転した。

ホテル代もケチって漫画喫茶か車中泊だった。

 

僕の行動の全てはお金に拘束されていた。

 

しかし、自分では制御不可能なお金を得る事が出来て、

僕の考えは一転した。

 

値段を気にせず好きなものが食べれるようになった。

ホテルも高級ホテルに積極的に泊まるようになった。

(一人の時は相変わらず格安ホテルだが)

移動は新幹線が増えた。たまにグリーン車を使う。

お金が原因で我慢することが馬鹿らしくなった。

 

好きな仕事を全力で楽しみながら、

お金が増え続けることは本当に素晴らしい事だと思った。

 

アフィリエイトは僕の趣味の1つなので、

僕の情報に価値を感じてくれる人がいる限りは

続けていこうと思っている。

 

『好きな事を仕事にしなさい』

この言葉は至る所で耳にしていたが、

そんな事は無理だと思っていた。

 

しかし、それが現実になったのだ。

 

楽しいと感じる事が出来たからこそ、

僕はここまで上り詰めることが出来たのだと思う。

 

もちろん、僕よりも凄い人も僕よりも自由な人も沢山いる。

 

 

頂上まで上り詰めようと思えば大変だが、

自分が『楽しく生きる』事はトップを掴むことではない。

 

 

少しずつ、確実に収入を増やしていく事によって、

次第に手に入る自由が増えるようになってくる。

 

僕は将来の大きな自由と、今の小さな自由を比較して

将来の大きな自由を手に入れたいと思って頑張った。

 

その結果、月収8万円からスタートした僕の月収は、

10万円→30万円→100万円→200万円→300万円→1000万円と

右肩上がりに伸び続けていった。

 

そして、大きな自由を手に入れる事が出来た。

 

僕のようにお金に束縛されることなく、

人生を本気で楽しく生きれる人が1人でも増えるように、

僕は今後も情報発信をしていこうと思う。

 

僕の人生を振り返ると、本当に散々なものだった。

今ではそれが全て笑い話になっている。

 

僕は過去の失敗と未来の成功は関係ないと思っている。

 

だから決して諦めないで欲しい。

僕のような人間でも人生を変える事が出来たのだから。

 

 

・はじめに 

・第1部「僕の辞書から値段が消えた」

・第2部「社長が似合わない社長」

・第3部「BMWと軽自動車」

・第4部「努力の果てに掴んだ大損害」

・第5部「サラリーマンに突きつけられた現実」

・第6部「運命の貧乏おばちゃん」

・第7部「月収100万円の恐怖」

・第8部「僕は教える事に快感を覚える変態だった。」

・第9部「夢のない男の唯一の夢」

・第10部「たった1日で手に入れた年収」

・第11部「楽しく生きる人生」 ←今ココ