【せどり実践講座VIP】


 



   

赤字で喜ぶ変態せどらー!せどりの利益率計算は正しく正確に!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

副業で会社の社長の給料を完全に超えても、サラリーマンを続けている人。独立するよりも自由なサラリーマン仲間と共に、非現実的なサラリーマンライフを満喫中。

詳しいプロフィールはこちら

 

こんばんは、大ちゃんです。

 

あなたは利益率の計算を正しく出来ていますか?

 

実は、多くの方が正しい利益率の計算が出来ていません。

 

これは、せどり業界に残念なコンサルタントが多い影響に他なりません。

正しく教えて貰えなければ、正しい利益率の計算が出来る筈はありません。

 

これが出来ていないと、多くの利益を失うと同時に赤字になってしまうリスクも発生します。

 

せっかく、せどりという稼げるビジネスをやっているんだったら、稼がないと意味がないです。

あなたの利益を最大化する『本当の利益率』についてお伝えします。

 

くれぐれも、赤字で喜ぶ変態せどらーにならないようにして下さいね!

 

赤字や資金ショートの回避術については、こちらの記事でも解説しています。

→【せどり赤字で自己破産】資金ショートを避ける具体的手法

 

 

利益率って何だっけ?せどりの場合はどう計算するの?

利益率とは、『売上に対する利益の割合』になります。

これを先ずは頭に入れておきましょう!

 

『売上に対する利益の割合』が利益率という事は、

『利益÷売上×100』で利益率を算出できるという事になります。

 

つまり、売上10000円、利益3000円の場合の利益率は、

『3000円÷10000円×100』=30%という事になります。

 

ここで1点問題です!

仕入れ値7000円、売上10000円の時の仕入れ値はいくらでしょうか?

 

簡単です!答えは『利益3000円』です!!!

 

と言いたいのですが、これは間違いになります。

 

 

僕たちはAmazonで商品を販売するので、販売手数料が発生します。

(ヤフオクやメルカリで販売しても手数料は発生します)

また、資材梱包費などの経費も発生してしまいます。

 

『売上ー仕入れ=利益』と単純にならないので要注意です。

※『売上ー仕入れ』で求められるのは、利益ではなく粗利となります。

 

利益と粗利は別物ですので、要注意です。

これを正しく使い分けていない指導者からは学ばないように注意しましょう!

 

『返品率』・・・それは利益率よりも重要なもの

利益を考えるときに、返品率という物が非常に重要な役割を担ってきます。

利益率の高い商品を仕入れることは素晴らしいですが、返品率が高いと利益は大きく減ります。

 

逆に、利益率が低くても返品率が低ければ仕入れ対象になります。

返品率まで考えている人は非常に少数派ですが、避けては通れない非常に重要な事になります。

 

ここで、どの程度返品率が利益に影響するか考えていきましょう!

 

利益が食いつぶされる・・・返品の罠

返品がどの程度利益を食い潰すか一緒に見ていきましょう!

利益率30%返品率10%の商品の『本当の利益率』を算出してみます。

 

売値30000円、利益率20%の中古家電100個の例で見ていきます。

※この場合の仕入れ値は21000円になります。

手数料と経費の関係がピンと来ない場合は以下をご参照ください。

→【裏技】FBA料金シュミレーター裏マニュアル講座

 

また返品率10%ですので、正常販売90個、不良品10個として計算を進めていきます。

 

ここで、

  • 販売価格270万円(3万円の商品×90個)
  • 販売価格による利益54万円(270万円×20%)
  • 返品額21万円(仕入れ値2.1万円×10個分)

となりますので、本当の利益は・・・

 

利益54万円ー返品赤字分21=33万円(本当の利益分)となります。

利益率に直せば、11%(33万円÷300万円×100)となります。

※実際の売り上げは270万円ですが、仕入れた100個全て売れたと仮定して利益率を算出しています。

 

利益率20%で仕入れた予定ですが、たった10%返品を食らっただけで利益率が約半分になる計算です。

つまり、300万円販売して60万円の利益を見越していても、実際には33万円となります。

 

正直、何をやっているか分からない状態になるという事です。

利益率が低く、返品率が高い商品を扱えば、当然赤字になる(又は低賃金重労働)となってしまうのです。

 

返品率のリスクを最大限下げたせどりをする

では、返品率と返品に対するリスクを下げて計算しましょう!

 

売値30000円、利益率12%の新品ゲーム機100個の例で見ていきます。

※この場合の仕入れ値は23500円になります。

新品は返品が少ないので、返品率1%で見ていきましょう!

 

ここで、

  • 販売価格297万円(3万円の商品×99個)
  • 販売価格による利益35.64万円(297万円×12%)
  • 返品額2.35万円(仕入れ値2.35万×1個分)

となりますので、本当の利益は・・・

 

利益35.64万円ー返品赤字分2.35=33.29万円(本当の利益分)となります。

利益率に直せば、11.1%(33.29万円÷300万円×100)となります。

※実際の売り上げは297万円ですが、仕入れた100個全て売れたと仮定して利益率を算出しています。

 

ちなみに、新品はメーカー保証が適用されますのでそれを考えれば、

実際の利益は35.64万円となり、11.9%が本当の利益率となります。

 

この場合は、

  • 実際の利益率(11.9%)
  • 想定利益額(12%)

 

となり、狙い通りの利益を出す事が出来るということです。

 

新品と中古の本当の利益率比較

利益率20%、返品率10%の中古家電の本当の利益率は11%です。

利益率12%、返品率1%の新品せどりの本当の利益率は11.9%です。

 

返品数が増えれば増えるほど、利益を圧迫する計算になります。

新品は剥離と言われて敬遠する方も非常に多いですが、実際のところはどうでしょうか?

 

もちろん、返品率は個人個人全く違ってきますので、今回の計算が全てではありません。

しっかりと工夫すれば、中古の返品率を抑える事も可能です。

 

ただ、返品が利益を圧迫するという考え方は大切です。

実際問題、返品を加味した本当の利益率が新品と中古で同じ程度なら新品せどりを実践した方が明らかに稼げます。

 

これは、出品時間の違いです。

中古の場合は検品や簡易清掃、商品1つずつの出品コメントなど出品に多大な時間を必要とします。

しかし、新品の場合は基本的にシールを”ペタッ”と貼って出品するだけです。

 

この労力の違いを考えれば一目瞭然です。

 

本当は、出品の作業量と仕入れの時給まで計算すれば新品と中古がどちらが稼ぎやすいかが分かります。

こちらに関しては、個人の力量で大きく変わるので割愛します。

 

利益額という新しい基準

利益率は、先にご説明したように非常に重要なウエイトを占めています。

しかし、利益率にばかり目を向けがちだと思わぬ利益を逃してしまいます。

 

あなたは、こんな商品を仕入れますか?

 

販売価格1億円、利益1000万円(利益率10%)の商品があったとします。

返品率は1%だけど、万が一返品されてもメーカー保証を使えば赤字にはなりません。

つまり、仕入れて売れば1000万円の利益、返品されたら利益が0円の商品です。

 

これを見て、利益率10%は仕入れ基準ではないと言って敬遠するでしょうか?

手持ち資金があるとすれば、100%仕入れると思います。

 

99%の確率で1000万円稼げる優良商品になります。

僕なら、即買いします。

 

数字が少なくなっても考え方は同じ!

では、普通のせどりレベルまで金額を下げていきましょう!

3万円で仕入れて4万円で販売して利益が4000円(利益率10%)の商品があったとします。

返品率は、1%で返品されてもメーカー保証があれば痛くも痒くもありません。

 

つまり、99%の確率で4000円の利益が出る商品です。

新品であれば、シールを”ペタッ”と貼って出品するだけで完了です。

 

利益率10%はクソ食らえ!!仕入れるやつは狂ってる!

という考えは今すぐ捨てましょう!

そうやって4000円の利益を見逃す人も非常に多いのです。

利益率にばかり目を向けすぎて、肝心の利益を見失っている典型的なパターンです。

 

また、返品率が低い新品せどりを実践すれば、出品が楽という事を意識しておく必要があります。

 

「シール貼るだけだから」利益1000円でも仕入れておこう!

というくらいの心構えが大切です。

 

逆に、動作チェックや検品が面倒な中古せどりに関しては、利益額5000円以上にしよう!

というような基準を設定する事が大切です。

 

目の前に利益が出る商品があったとします。

それを手に取る時間は、利益額1000円でも利益額5000円でも全く同じです。

 

その後の出品作業の時間に合わせて必要利益を算出するのです。

出品作業が3分で終わるとすれば、利益額500円でも時給1万円です。

出品作業が30分必要な商品であれば、利益額5000円で時給1万円です。

 

時給はどちらも同じですが、利益額は大きく変わってきます。

 

こういう思考を常に持っておく事が重要です。

 

『利益率』『返品率』『利益額』の三位一体

これこそが、せどりで正しく稼ぐためには非常に重要になってくるのです。

これが分かった上であなたの時給を算出して最終判断を下します。

 

ただ、ここまで瞬時に考えるのは非常にこんなんです。

ですので、一つだけ基準を設定しておきましょう!

 

  • 中古せどり(家電)は利益5000円以上
  • 中古せどり(その他)は利益500〜2000円以上
  • 新品せどりは利益1000円以上

 

これを基本として、あとは仕入れ資金と相談する事が大切です。

100円で仕入れられる商品であれば、利益300円でも普通にOKですよね!

こういう感覚を養う事によって利益が最大化するのです。

 

明確な仕入れ基準を手に入れるには、こちらの記事がお勧めです。

→誰も教えてくれない『せどり』の仕入れ基準

 

ゲームせどりの仕入れ基準は、こちらの記事で解説しています。

→ゲームせどりの仕入れ基準〜だから初心者は稼げない〜

 

 

三流指導者の『意見』に流されないで!!

せどりで利益を最大化するために、そしてリスクヘッジをするために必要な話を行いました。

この辺は非常に重要なんだけど、正しく理解出来ている人は少数派な気がしています。

 

「〇〇さんが、利益率30%って言ったから、利益率29%以下は仕入れ対象外!」

「〇〇さんが、利益1000円以下は仕入れたらダメって言ったから利益1000円以上!」

初心者の方は、このように短絡的に考えてしまいます。

 

だから応用が効かなかったり、思わぬ赤字を被ったり。

自分で考えて自分で判断する能力がいつになっても未熟なままです。

 

僕らは、お金を稼ぐプロフェッショナルです。

だからこそ、こういう部分も知っておく必要があるという事です。

 

また、現在新品せどり中心の人は、中古の出品が面倒だと考えます。

現在中古せどりの人は、新品が薄利多売だと考えるようになります。

 

しかし、両者とも大きなメリットを持っているのです。

お互いのデメリットに目を向ける前に、メリットに目を向けましょう!

そうすると、今まで見えなかった部分が見え、気付かなかった部分に気付く事が出来るようになります。

 

あなたの視野が広がった時、信じられないレベルで稼げるようになります。

今回の記事を何度も読み返し、頭に叩き込んでおきましょう!

 

■補足〜中古せどりの方へ〜■

新品と中古の出品時間の手間を加味すれば、

  • 新品の本当の利益率10%
  • 中古の本当の利益率30%

くらいが労力的には同じであると考えています。

出品が楽な新品せどりは意外に稼げる物なのです。

 

■補足〜新品せどりの方へ〜■

新品と中古の出品時間の手間を加味すれば、

  • 新品の本当の利益額2000円
  • 中古の本当の利益額5000円

くらいが労力的には同じであると考えています。

中古せどりは永久にリピート仕入れが出来るので資産リストがどんどん増え、仕入れに困らない状態になります。

 

お互いにお互いメリットはあります。

良いところ取りをして利益を最大化していきましょう!

 

くれぐれも、人の意見に流されないようにしましょう!

人よりも稼ぐ人は、自分で考えて判断する事ができる人です。

 

とは言っても、最初から自己判断は難しいと思います。

あなたのスキルアップのために、こちらの記事でしっかりと学んでおきましょう!

→【完全版】せどり仕入れのコツや仕入先開拓で人生を変える方法

 

それでは、失礼します。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

副業で会社の社長の給料を完全に超えても、サラリーマンを続けている人。独立するよりも自由なサラリーマン仲間と共に、非現実的なサラリーマンライフを満喫中。

詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© せど活 , 2017 All Rights Reserved.