【せどり実践講座VIP】







   

ビームせどり最大の敵出現!規格品番で完全攻略

 

 

こんにちは、大ちゃんです。

 

ビームせどりを日々実践していたら、バーコードが隠されているお店に出会いませんか?

半額セール!と喜んだも束の間・・・

バーコードが隠れている

 

Ohooooo!!!!!

 

バーコードが隠れてるじゃん!

 

こ、これじゃビームせどりが出来ないじゃん!

 

って嘆きたくなってしまいます。

一気にテンションが下がってしまいます。

 

こんな時、次にとる行動の違いで稼げる金額が大きく変わってくるのです。

 

 

バーコードにバーコードを貼る理由

せどりは、商品バーコードをスマホアプリやバーコードリーダーで読み取って利益が出るか検索します。

つまり、商品バーコードが隠されてしまってはお手上げです。

 

店舗がバーコードにバーコードを貼っている場合は、完全なせどり対策です。

 

世の中みんな、あなたのようなお店に利益をもたらすせどらーだけではありません。

迷惑行為を頻繁に行って、出入り禁止になっている超迷惑せどらーもいるのです。

 

せどらー=迷惑と紐づけられれば、当然お店側もせどり対策を行うわけですね。

 

もしも、先の画像のようにバーコードの上にバーコードが貼ってあっても絶対に剥がしてはいけません。

剥がせば商品を検索する事が出来るのに・・・

と思っても、シールを剥がすような迷惑行為は絶対に行ってはいけません。

 

僕のブログを読んでいるあなたなら大丈夫だと思いますが、念のため。

 

「バーコード無しでどうやって検索するの?」

とあなたは考えているかと思いますので、そちらについて解説していきます。

 

もはやバーコード無用!せどり対策解消法

バーコードが無いと商品検索が出来ないと考えている方も非常に多いです。

しかし、バーコードが無くても検索する方法は存在します。

 

ここでは、

・キーワード検索

・規格品番検索

の王道2種類を解説していきます。

 

キーワード検索編

せどりツールや、せどりアプリも日々進化して、最近ではキーワード検索が出来る物が多いです。

無料のものでも標準装備となっていますので、必ず手に入れておきましょう!

 

商品キーワード検索、優良アプリの情報については、こちらの記事をご参照ください。

⇒せどりアプリ「せどりすと」の初心者講座

 

規格品番検索編

ビームせどりの天敵であるバーコード隠しを打ち破る正義の味方的な存在がいます。

 

それが、規格品番です。

これを使うだけでその他大勢を出し抜けます。

 

僕は以前広島県内の某CDショップに足を踏み入れた時に、たった1店舗で40万円の利益を出す事が出来ました。

 

ちなみにその時仕入れた一例です。

CDせどり

CDせどり仕入れ

 

CDせどりの稼ぎ方

 

ちょっと画像が悪いですがどれを見ても、バーコードのありそうな部分にシールが貼ってあります。

 

これには非常に困りました。

ビームせどりが出来なかったのです。

 

しかし、

『規格品番検索方法』をマスターしておけば、先のように仕入れが可能です。

 

この方法は、初心者せどらーは大概知りません。

という事は、ビームせどりが出来ない先にこそ、お宝商品が眠っている可能性が非常に高いという事を意味します。

実際問題、僕も多々美味しい思いをしています。

 

それでは、実際の検索方法に入っていきましょう!

 

規格品番とは、この部分を言います。

規格品番

 

どこだか分かりますか?

 

右端に「CLCD-20003」と書かれています。

これこそが、規格品番になります。

 

規格品番とは、

CD1枚1枚に当てはめられた管理番号を意味します。

つまり、同じ規格品番の商品は存在しません

 

試しにモノレートで検索してみます。

そうすれば・・・

モノレート

一番上に、

> [ CLCD-20003 ] の検索結果が1件だったため、当該商品ページを表示しました。

の文字があります。

 

つまり、

CLCD-20003の規格品番の商品は、HYのTRUNKという商品になります。

 

これが規格品番の検索方法です。

商品によっては、4から始まるバーコード(JANコード)が同じでも別の商品が存在したりします。

 

沢山ビームせどりを実践している方であれば、Amazonの写真と実際の商品の外観が違っていて、仕入れを悩んだ事もあるかと思います。

また、バーコードが同じ商品が2個も3個も出て来た事もあるかと思います。

 

最近は、このおもちゃに引っかかってしまいました。

トイストーリー

 

検索すると、たくさん表示されます。

が、なぜか僕が検索した時には一番高いやつしか表示されませんでした・・・

(実際には、一番安いやつだったので久々にやられた!って感じでした。)

モノレート

 

そんな時に規格品番を入力すれば、100%その商品だと特定する事が出来ます。

先にもお話しした通り、規格品番は、その商品に割り当てられた物で、同じ物は2つと存在しないということです。

 

それにくらべ、JANコードは被りが発生するので、一定確率で検索ミスもあったりします。

 

まとめ

規格品番検索は、100%の確率で商品を特定する事が出来るメリットがあります。

それに加え、バーコードが読み取れない商品も規格品番検索が出来るので、ここぞという時に重宝する手法になります。

 

この手法は覚えてて損は無いですね!

 

僕は度々規格品番に助けられています。

たった1店舗で40万円の利益を上げる事が出来たのも規格品番のおかげですね!

その他に、1店舗で10万円以上の利益を出した事も多々あります。

 

手打ち入力というデメリットを除けば、最強です。

今回の場合は、お店に足繁く通いました。

全部検索するのに12時間は余裕でかかりました。

 

たとえ、検索に時間かかったと考えても、利益が出ればOKですね。

今回の場合は、利益40万円を12時間かけて生み出したので、時給3万円以上です。

かなりイカツイ高時給ビジネスだと思います。

 

このように、予備知識をどんどんと付ける事が大切です。

知識が無い人を出し抜いて稼ぐ事が出来るという事ですね!

 

せどりも実践すればするほど、知識が深まれば深まるほど稼げる金額は大きく膨れ上がってきます。

 

今回の内容をご活用頂けたらと思います。

商品バーコードにシールが貼ってある場合が逆にチャンスだという事にも気付きます。

 

誰もが稼げないと思い込んでいる部分が真の穴場だということです。

 

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

それでは、頑張っていきましょう!

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です