こんにちは、大ちゃんです。

 

僕は、面倒くさがり屋という性格上、

薄利多売では無く高利益せどりを追求してきました。

 

月の利益を30万円に設定するのであれば、

1万円の利益の商品を30個仕入れればOKです。

この程度であれば、3日もあれば十分稼ぐ事が出来ます。

 

反面、薄利多売のせどりスタイルであれば、

30万円の利益を確保しようと考えるのであれば、

500円の利益の商品が600個必要になります。

 

単純計算をすれば、

薄利多売のせどりよりも高利益せどりの方が

魅力的に感じる事だと思います。

 

しかーし・・・

 

様々な人とお話ししていく中で、

薄利多売にも大きなメリットがある事に気付きました。

 

これは僕自身を完全否定してしまう形になりますので、

あんまり認めたくないんですが、

特例認定として記載しようと思います。

 

薄利多売はモチベーションの魔術師!【特例①】

 

モチベーションについて2種類のアンケート調査をしてみました。

・商品が売れたらモチベーションが上がりますか?

・商品が売れないとモチベーションが下がりますか?

 

この調査結果は下記になります。

モチベーションアップ

 

モチベーションダウン

 

やはり、商品が売れる事とモチベーションには

密接な関係があるという事になります。

 

また、モチベーションが高い時の方が人間はやる気になります。

 

仕入れても売れないと分かれば、

次に仕入れる事に対して抵抗感が押し寄せてきますが、

仕入れたら売れると分かれば、もっと仕入れたい衝動に駆られます。

 

初心者の時の僕は、全く稼げていませんでしたが、

1日10商品とかは平気で売れていました。

 

1個あたり100円とか、赤字の商品(当時は黒字だと勘違いしていました)が

ガンガン売れていたので、それを楽しみにせどりを頑張っていました。

 

この『売れた回数』を増やすためには、

薄利多売でも良いのでとにかく仕入れる事が大切です。

 

先にご説明した通り、

薄利多売で月収30万円を達成しようと考えれば、

1ヵ月に600商品も売る事ができます。

 

逆に高利益で月収30万円を達成しようと考えれば、

1ヵ月に30個の商品しか売る事が出来ません。

 

この両者を比較すれば、

薄利多売の方がモチベーションアップの回数が20倍である。

という事になります。

 

もちろん、薄利多売は重労働が付きまといますが、

初心者の時のモチベーションを維持するためには、

薄利多売も必要であると思うようになりました。

 

モチベーションが高い方が行動が加速しますので、

モチベーションを高めるコツを掴むことも大切です。

 

月商300万円せどらーの薄利多売計画【特例②】

モチベーション管理の観点では、

薄利多売のビジネスモデルは非常に有効であると解説しました。

 

しかし、1点だけ問題が生じます。

『人間の働く時間には限界がある』という事です。

 

薄利多売では商品が売れる快感が

途切れる事のない『波』のように押し寄せてきます。

 

売れるとモチベーションが上がりますが、

労働時間の割に収入が少なくなってしまいますので、

実際のところあまりお金が増えません。

 

薄利多売で月商100万円を達成すれば、

大成功といった所になります。

 

世の中にはさらに稼ぐ人もいます。

 

僕のメルマガ読者さんでは、

月商300万円を超えるせどらーさんも大勢いらっしゃいますが、

そういった人は薄利多売を上手に取り入れています。

 

薄利多売と高利益のコラボレーションです。

 

高利益せどりは素晴らしいビジネスモデルですが、

どうしても売れるまでに時間が掛かってしまいます。

 

それを補うために薄利多売を併用しています。

 

例えるならば、『海』です。seaです。

海には波が立っています。

 

頻繁に押し寄せる小さな波と

時々押し寄せてくる大きな波です。

 

そう、頻繁に押し寄せる小さな波は薄利多売の商品。

時々押し寄せてくる大きな波は高利益商品です。

 

薄利多売で利益500円以上の商品をガンガン回転させつつ、

1万円以上の高利益商品でガツンと仕留める!

というイメージです。

 

利益1万円の商品を月に30個売って月収30万円。

平均利益2000円の商品を月に200個売って40万円。

合わせて月収70万円といった形です。

 

このように、

薄利多売と高利益の夢のコラボレーションが

実現させる事によって高収入が期待出来ます。

 

また、上手に組み合わせる事によって、

1日5〜10個の商品がスタンダードに売れていきますので、

モチベーションの維持も容易になります。

 

大きな金額を稼ぎ出している人達は、

色々と工夫に工夫を重ねながら実践しているという事になります。

 

もしもあなたが今現在、

モチベーション管理が思うように出来ていないのであれば、

先ずは薄利多売の部分だけでも取り入れて、

モチベーション高くせどりを実践していきましょう!

 

モチベーションが上がってきて、

次のステージに行きたいと感じるようになったら、

高利益せどりを取り入れていきましょう!

 

薄利多売で先ずは月収10万円、

月収10万円が当たり前になってきたら、

高利益とのコラボレーションで月収30万円を!

 

といった形で少しずつあなたの収入を高めていきましょう!

 

薄利多売で資金ショート撲滅計画【特例③】

今からお話しする事は、高等テクニックになります。

Amazonせどりで一番やってはいけない事は資金ショートです。

 

資金ショートで良くあるのが、

クレジットカードを使った仕入れになります。

 

手持ち資金の枯渇によりクレジットカードで仕入れるのは良いのですが、

商品回転率をしっかりと確認する必要があります。

 

クレジットカードの支払日までに、

クレジットカードの請求金額が支払えるように

Amazonで商品を販売して現金化しておく必要があります。

 

クレジットカードで仕入れたにも関わらず、

思ったよりも売れず、Amazonからの入金金額が請求金額以下となってしまっては最悪です。

 

そんな時には、薄利多売資金ショート撲滅計画の出番です。

これは、あくまでも薄利多売で利益を出そうという考えではなくて、

 

Amazonからの入金<クレジットカードの支払額を

Amazonからの入金≧クレジットカードの支払額にする

という考え方になります。

 

要はクレジットカードの残りの枠を

クレジットカードの支払いに充てる事が出来れば良いワケです。

 

ここで薄利多売の出番がやってきます。

 

クレジットカードを使って、

超高回転の利益が0円以上の商品を仕入れます。

 

仕入れたら即座にFBAに納品をすれば、

即日Amazonで売れてAmazonからの入金額が増えます。

 

利益0円以上の商品でよければ

店頭には山ほどありますので、

非常に簡単に発見する事ができます。

 

ほんの少しだけ頭を使うことによって、

資金ショートをせずに済むという事になります。

 

もちろん、一番良いのは資金ショートを起こさないように、

計算しながら仕入れをする事になるのですが、

万が一の時の対策も知っておいて損は無いなと思い、

今回の記事を書いてみました。

 

薄利多売戦略のまとめ

僕は薄利多売せどりを否定し続けてきました。

僕と付き合いが長い方だったら、今回の記事を見て

驚くことだと思います。

 

最近気付いたのですが、

全てを否定から入ってしまうのは良く無いなと。

 

コインの裏があれば表があるように、

物事は表裏一体です。

 

たまには見方を変える事によって

視野が広がってくると再確認できました。

 

薄利多売のスタイルと高利益せどりを組み合わせる事で、

利益とモチベーションが最大化します。

 

薄利多売スタイルを貫くことはナンセンスですが、

必要に応じて取り入れる事は大切です。

 

 

もちろん、時と共に仕入れのスタイルも変化させても良いと思います。

 

僕の場合も、

薄利多売のせどりからスタートし、

薄利多売&高利益せどりの併用を通過し、

高利益せどり一辺倒に落ち着きました。

 

最終的には高利益せどりに集中する事によって

少ない時間で沢山稼げ、自由なライフスタイルを手に入れる事が出来るのですが、

物事には順序があります。

 

せどりで稼ぐためには、

せどりを心から楽しむ必要があります。

 

心から楽しむためには、

やはり商品を売りまくってお金が増える感覚を

心ゆくまで味わう事が大切です。

 

そういった面でも、

最初は利益度外視して仕入れてみても良いと思います。

 

モチベーションを上げまくって仕入れをし、

月収10万円→30万円→50万円→100万円と、

少しずつ収入を右肩上がりに高めていきましょう!