【せどり実践講座VIP】

 







   

せどりとは、転売のこと??猿でも分かるせどりの教科書

 

この記事を書いている人 - WRITER -

副業で会社の社長の給料を完全に超えても、サラリーマンを続けている人。独立するよりも自由なサラリーマン仲間と共に、非現実的なサラリーマンライフを満喫中。

詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、大ちゃんです。

 

「せどりとは、そもそも何なの??」

 

って思う方もいらっしゃると思いますので、少し解説してみます。

せどりとは、簡単に言えば転売です。

 

「あぁ、お小遣い稼ぎですね!」とか

「転売は、犯罪ですね!」とか思って、目をそらす方も非常に多いです。

 

しかし、今の時代は転売だけで生計を立てている人も非常に多いです。

トッププレイヤーになれば、1ヶ月でサラリーマンの年収を稼ぎ出す事も可能です。

 

僕のように、指導する側に回れば更に世界が広がります。

毎月安定的に200万円の不労所得を手に入れることも出来ます。

たった1日でサラリーマンの年収を稼ぎ出す事も出来ます。

 

全ては転売から始まるのです。

 

 

『せどり=転売』では、『転売=???』

前述したように、せどりは簡単に言えば転売です。

仕入れた値段よりも高い値段で販売する事が出来れば、差額が利益です。

転売とは、このように簡単なビジネスモデルです。

 

このような事をお話すれば簡単ですが、実践するとなると難しいと捉える方がいます。

でも、転売は至って普通のことです。というか、

 

世の中みんな転売で成り立ってる事はご存知ですか?

 

いきなり転売なんて話を聞いても、ピンと来ないかもしれません。

分かりやすいように、あなたの身の回りで考えていきましょう!

 

八百屋さん転売説

先ずは、八百屋さんに足を運んでみましょう!

そうすると、当然ですが野菜が売っています。

その野菜をビジネス観点でよーく見てみると・・・

 

農家が野菜を作る(転売される人)

仕入れ卸業者が野菜を購入する(転売する人であり、転売される人)

店舗が野菜を購入する(転売する人)

お客さんが野菜を購入する(最終購入者)

 

 

あっ!

 

 

何か気付きましたよね?

 

何気ない日常のワンシーンにも転売って言葉が出てきましたね。

そうなんです、世の中みんな転売なんですよね。

 

もういっちょ行ってみましょうか!

 

洋服屋さん転売説

次は洋服屋さんに買い物に行ってみましょう!

当然ですが、洋服が沢山売っています。

洋服も同じようにビジネス観点で見てみると・・・

 

洋服の元となる繊維を作る(転売される人)

繊維を購入して洋服を作る(転売する人であり、転売される人)

店舗が洋服を購入する(転売する人)

お客さんが洋服を購入する(最終購入者)

 

「えっ?!これって普通の事じゃ無いですか!」

って思いませんでしたか?

 

そうなんです。

初めて聞く言葉って人間は、受け入れがたい物です。

しかし、実は世の中全て転売で成り立っているんですね。

 

転売すれば稼げて当たり前!

『せどり=転売』という事は前述した通りです。

 

これを更に簡単に説明すると、こうです。

『安く買った物を高く販売して利益を取る』

 

当然、購入価格以上で販売しないと利益を出す事は出来ません。

購入金額よりも安く売って損をしたいサービス精神旺盛な人なんて、世の中には絶対にいません。

 

先ほどは、分かりやすいように野菜や洋服を例に挙げてみました。

実際には、これらに限らず、家を建てる材料でも、鉄鋼でも、

本でも、CDでもDVDでもゲームでもおもちゃでも家電でも何でもかんでも

新品、中古に限らないで全てが転売の元成り立ってるんですね。

 

ヤマダ電機はSONYやPanasonicから商品を買ってお客様に転売しています。

イオンモールは野菜でも生活雑貨でも何でもかんでも転売しています。

紀伊国屋書店は本を中心に転売しています。

ブックオフは中古品を全般に転売しています。

コンビニも100円ショップもおもちゃ屋さんもゲーム屋さんも転売です!

 

実は、ほぼ全てのお店が転売で稼いでいるんですね!

 

そう考えたら、

全然難しい事でもないし犯罪でもありません。

むしろ普通なんですね。

 

普通に転売して稼いでいる人が多い世界です。

むしろ、

 

転売すれば稼げて当たり前の話なんですね。

 

稼ぐために今から新しいビジネスを開発するのは正直難しいです。

しかし、現時点で多くの人が成功しているビジネスに取り組むんなら上手く行く気がしませんか?

 

転売で巨万の富を築き上げた話

せどりという名の転売は、すでに多くの人が巨万の富を得てきた王道手法です。

実は成功するのが当たり前です。

 

  • ヤマダ電機は転売を中心に年間1兆6000億円の売り上げです。
  • イオングループは、転売を中心に年間8兆円の売り上げです。
  • マツモトキヨシは、転売を中心に年間5000億円の売り上げです。
  • ブックオフは、ほぼ転売で年間600億円の売り上げです。

 

誰もが知ってる超大手企業でさえ、転売で荒稼ぎしている事実があります。

大手企業に限らず、今の時代は個人でも転売をして荒稼ぎしている人が非常に多いです。

そういう僕も、転売を通じて現在までに1億円以上を売り上げるに至っています。

 

ちなみに、せどらー(転売ヤー)の年収が気になる方は、こちらの記事をご覧ください。

自分の職業に興味を持っておく事は大切です。

→せどらーの気になる年収とは?本当にせどりで独立は可能なの?

 

転売については、なんとなくイメージが出来たかと思います。

ここで、

 

せどりとは、転売とどう違うの?

という話に入っていきます。

 

せどりとは、転売の事を言います。

しかし、ヤマダ電機やイオングループは『せどりをしている』とは言いませんよね。

(というか、聞いたことないです)

 

こう言ってしまえば、『せどりと転売は別物疑惑』が浮上してくるかもしれません。

全く同じものですが、解釈の違いだと思ってください。

 

一般的には、

インターネットを使って個人で転売する=『せどり』

法人がお店をどっしり構えて行なう転売=『販売』

と言います。

 

同じ転売でも、誰がどうやって行なうかによって呼び方が変わってくるのです。

面白い話ですよね。

 

せどりが最強に稼ぎやすい理由

世の中には、様々なビジネスモデルがあります。

僕のブログ読者さんの多くが、副業で稼ぐ方法を探していますので、ここでは副業に特化して解説していきます。

 

パッと副業と考えてみても、沢山のものがあります。

 

アルバイト以外は、どのビジネスも成功者を多数輩出しています。

ここで重要な事は、成功者を多数輩出している事実ではありません。

あなたが成功するかどうかという事が一番大切なのです。

 

様々な副業の中で、初心者さんでも早期に結果を出しているのが『せどり』になります。

多くのビジネスは、手軽に始める事が出来るのですが、収益化までに時間が掛かります。

 

初心者さんが10万円稼げるようになるまでの道のりは、

  • せどり→1ヶ月
  • 輸入、輸出→2〜3ヶ月
  • アフィリエイト→1年以上
  • YouTube→1年以上
  • 株やFX→即稼げるが、破産の可能性も!
  • ネットワークビジネス→1年以上
  • アルバイト→1ヶ月(上限収入あり)

 

という感じです。

 

株やFX以外は僕も全て死ぬ気で実践して来ました。

僕の要領が悪かったのかもしれませんが、初心者が簡単に稼げる世界では無いと思いました。

FXについては、僕の大親友が100万円負けて笑顔が引きつっていたので、僕は実践しないと決意しました。

 

数々のビジネスで稼げない経験を重ねてきた僕でも、せどりでは稼げる事が出来たのです。

利益が出る商品を仕入れて販売するという、まるで『後出しジャンケン』のビジネスだったのです。

100%稼げる商品を仕入れて販売するわけですので、稼げない方が不思議な奇跡です。

 

初心者の状態で最も確実に、最短・最速で結果を出すことが出来るのがせどりという事です。

そんなせどりも、様々な手法が存在しますので、ここで解説します。

 

Amazonせどり最強説

インターネットを使って個人で転売する=『せどり』

という事は前述しました。

 

ここで、販売先を決める必要があります。

販売先も探せば沢山あります。

  • Amazon
  • オークション(ヤフオク!など)
  • フリマアプリ(メルカリなど)
  • ネットショップ(楽天、Yahoo!ショッピングなど)
  • 自社サイトのホームページ

 

この中で、圧倒的に稼ぎやすいのが、Amazonになります。

僕が行った検証結果をここで公開します。

→せどりは売る場所で利益が変わるのか?検証結果を大公開!

 

もちろん、仕入先も様々です。オススメは

になります。

クリック先にはノウハウを公開していますので、よろしければご覧ください。

 

せどりは人生が変わるビジネス

僕は、『せどりこそ人生を変えてくれるビジネス』だと思っています。

 

どこにでもいるような普通のサラリーマンである僕でも、せどりを実践する事で人生を大きく変える事が出来ました。

 

せどりを開始して、たった1年目にして会社の上司の給料を超えました。

せどりを開始して、3年目には会社の取締役の給料を超えました。

せどりを開始して、4年目には会社の社長の年収を大きく超えて社内一の高給取りになりました。

 

僕のように短期間で人生を激変させる事も十分可能です。

サラリーマンの副業感覚でコツコツ小さなお金を積み上げる事も可能です。

毎月10万円でも貯金をすれば10年後には1200万円になっています。

 

頑張って毎月30万円を貯金すれば、10年で3600万円です。

もっと頑張って毎月100万円貯めれば、10年で億万長者です。

頑張れば、これくらい可能になるのが『せどり』の素晴らしい所です。

 

せどりは、成功者を多数輩出しているビジネスモデルです。

実践して大きな結果を出している人が圧倒的に多く存在しています。

 

たった1人の力だけで、毎月100万円以上を稼ぎ続けている人も沢山います。

ぶっちゃけ言えば、毎月数万円のお小遣い稼ぎくらいだったら誰でも可能です。

 

僕のメルマガ読者さんでも、せどりで10万円稼げるようになった人は数え切れないくらい沢山いらっしゃいます。

10万円なんて遠慮せずに貪欲に実践した結果、せどりで大きく人生を変えた方も沢山いらっしゃいます。

 

せどりの始め方『0円起業術』

せどりは、人生を変えるレベルで稼ぐことが出来るビジネスですが、焦りは禁物です。

 

最初はご自身の不用品の販売からのスロースタートで良いと思います。

不用品を販売するだけで、10〜20万円くらいの軍資金が手に入ります。

 

せどりの軍資金の手に入れ方はこちらの記事をご覧ください。

→せどり軍資金調達法〜『0円』から始める転売起業術〜

 

僕の場合は、いらない本やCDや棚に眠った家電を売っただけでも、十分過ぎる軍資金を用意する事が出来ました。

 

あなたの棚にも不用品が沢山眠っていると思いますので、これを機に販売してみては如何でしょうか?

 

もちろん、忘年会や新年会で当たった景品もお金に変える事が出来ます。

※僕は、友達の結婚式の二次会の景品を売ってみたら、1万円くらいになりました。

 

不用品は、リサイクルショップで売るのが一般的ですが、二束三文にしかなりません。

販売先を間違えてしまったら、小銭稼ぎにしかならないのです。

 

リサイクルショップでは、小銭にしかならない商品でも、Amazonで売れば大きなお金になる可能性もあります。

 

ブックオフ一つを見ても分かります。

ブックオフで1000円仕入れ→5000円で売れる商品があったとします。

ブックオフの仕入れ値は売値よりも安いので500円とかです。

 

つまり、Amazonで5000円で売れる商品を間違えてブックオフで売ってしまうと500円にしかならないのです。

この時点で4500円の売値の違いが生じてしまうのです。

 

そう考えたら、結構面白いですよね!

販売ルートさえ知っておけば、至る所に金脈が生まれる感覚になってきます。

 

では、実際にせどりの稼ぎ方に入っていきましょう! 

 

せどりの稼ぎ方

小学生に微分積分を教えても誰も理解する事が出来ません。

足し算を習って、掛け算を習って、様々な数学を学んで微分積分にたどり着く事が出来るのです。

 

せどりも全く同じです。

あなたのレベルに合わせたせどりを実践する事が非常に大切になってきます。

 

せどりの実践手順については、こちらの記事で解説しています。

→せどり階級別の人気鉄板ジャンルとは

 

せどりという転売手法で月収100万円を達成して真の自由を手に入れたい方はこちらの記事がオススメです。

→転売で月収100万円を稼ぎ起業する為に必要な11の法則

 

それでは、ガンガン稼いでいきましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

副業で会社の社長の給料を完全に超えても、サラリーマンを続けている人。独立するよりも自由なサラリーマン仲間と共に、非現実的なサラリーマンライフを満喫中。

詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© せど活 , 2017 All Rights Reserved.