【せどり実践講座VIP】







   

せどり効率化で辿り着いた鉄板3か条!

 

 

こんにちは、大ちゃんです。

 

面倒なことをすると毛細血管がプチプチ切れる僕は、とにかく面倒ごとを回避するために作業を効率化しています。

 

後戻り作業も嫌いですし、1の事が1にしかならない作業も嫌いです。

1+1が3にも4にもなるビジネスを実践するように心がけています。

ちょっとわがままですが、なるべく効率化して楽に稼ぎたい主義です。

 

少しずつでも良いので効率化していけば、せどりの収入は驚くほど上がってくるのです。

効率化を進めた結果、このような感じで収入を増やす事ができます。

 

メルマガ読者さんのMr.Tさんから頂いた実績です。

せどり効率化

 

→高利益せどりであっさり月収2.5倍になった秘密を先ずはチェック!

 

それでは、せどりで効率よく稼ぐ秘密を解説していきます。

 

 

効率よく稼ぐための『せどり3か条』

3か条

 

僕が効率を求めて辿り着いた3か条があります。

 

1.キャッシュフローに意識せよ!

2.利益に刮目せよ!

3.繰り返し仕入れよ!

 

あなたが、この3か条をすぐに理解する事ができるのであれば、読み進める必要はありません。

しかし、多くの方がこの部分を曖昧にしている傾向がありますので、順番に解説していこうと思います。

 

隊長!キャッシュフローとはなんですか??

ここで、聞きなれないキャッシュフローという言葉が出てきました。

キャッシュフローとは商品の回転率のことを指します。

 

『回転率が悪い=なかなか売れない商品』ばかりを仕入れてしまえば、資金が少ない初心者さんは仕入れ資金が枯渇してしまいます。

仕入れた→売れる→手に入れた資金で次を仕入れる。

という感じで資金をどんどん回転させてお金を増やしていくのがせどりの醍醐味です。

 

しかし、回転率が悪くて売れるまでに時間がかかる商品を仕入れてしまった場合は

仕入れた→売れない→次の仕入れができない・・・

なかなかお金が増えるイメージが掴みとれませんよね。

 

Amazonせどりの場合は、2週間に1回の入金サイクルとなっています。

初期の時は出来れば2週間以内、悪くても1ヶ月以内で売れる商品に絞って仕入れていきましょう。

 

特に、今からせどりを始める人の多くは、

「お金がないから副業としてせどりを始めたい」

と思っている方が非常に多いと思います。

 

ですので、しっかりと商品を回転させる事をイメージして仕入れを行いましょう。

 

商品の回転率については、モノレートを見ると一発で分かります。

→【モノレートアプリの見方】絶対不可欠のせどり黄金法則

 

隊長!利益の基準はありますか?

ここで説明する利益とは、利益額と利益率の両方になります。

 

例えば、1000円で商品を販売して200円の利益が出た場合、

利益額:200円

利益率:20%になります。

※利益率=利益÷販売価格×100

 

大事な事ですので、復習してみましょう!

 

■問題■

2万円で商品を販売して4000円の利益が出た時の利益額と利益率は?

 

■答え■

利益額:4000円

利益率:20%

 

問題を見て、答えがピッポッパッと出てきたら素晴らしいです。

 

では、利益額と利益率の基準に入っていきます。

この部分はせどりの効率化で最も大切な部分です。

 

僕はトータルで利益率20%以上のせどりを推奨しています。

それを踏まえてもう少し詳しく解説していきます。

 

 

先ほど挙げた2つの例を見比べていきます。

1000円で商品を売って200円の利益を出す(利益率20%)

2万円で商品を売って4000円の利益を出す(利益率20%)

 

同じ利益率20%で仕入れ基準を満たしている商品になります。

 

しかし、実際に僕らが必要としているのは利益率ではありません。

『出来るだけ少ない労力で出来るだけ多くのお金を手元に残すこと』です。

 

そういう観点で考えれば、

2万円の商品は1回売れば4000円のお金が手元に残りますが、

1000円の商品は20回売らないと4000円にはなりません。

 

つまり、4000円を稼ぐ労力が20倍も変わってくるわけです。

 

先ほど公開した実績の主人であるMr.Tさんも

平均仕入れ単価を4600円から9200円に引き上げています。

せどりの時間は全く同じですが、仕入れ単価を上げて効率化した事によって利益が爆発したのです。

 

ここで、

「仕入れ単価を上げるとリスクが高まります」

と考える方もいらっしゃるとは思います。

 

確かに、せどり開始と同時に1個10万円とかいう仕入れは怖いと思います。

あなたもそう考えれば、100円→500円→1000円というように、慣れに従って仕入れ単価を少しずつ上げていけば良いと思います。

そうすれば、あなたが驚くように簡単に収入が右肩上がりになってきます。

 

隊長!繰り返し販売できる商品がありません!

繰り返し販売できる商品さえ見つかれば、長期的な安定収入を築くことが出来ます。

にも関わらず、多くの人がこの最重要な部分を軽視しています。

 

利益4000円の商品も10回繰り返して販売すれば、4万円です。

100回繰り返して販売すれば、利益は40万円です。

さらに言えば、そんな商品が100種類あれば4000万円です!

 

これをしっかりと意識しておく事が重要です。

では、どのように繰り返し販売をするのかという部分に触れていきます。

 

これには2つあります。

・1つは仕入れ店舗の拡張

・1つは中古品を扱う

 

それぞれ簡単に解説していきます。

 

仕入れ店舗の拡張で効率化!

仕入れ店舗が1つの場合、その店舗の在庫が枯渇すれば、仕入れが終了します。

しかし、店舗は無限に存在しています。

 

インターネット上にも無限に存在しています。

 

あなたが稼げる商品をどこかで発見した場合、近隣店舗やインターネットで探すようにしましょう!

これは、ワゴンセールなどの特価品はその場所限定の可能性が高いのでこの技を使うことは難しいです。

しかし、通常の仕入れで利益の出る商品を発見した場合やプレミア商品の場合は、複数の場所で在庫確認をしていくと同じ商品を仕入れる事ができる可能性が飛躍的にアップします。

 

仕入れ店舗の拡張は、仕入れる商品の拡張につながります。

実際の店舗は家の近所を探せば沢山見つかると思いますが、インターネット上にある店舗は想像しにくいと思います。

そんなあなたのために、インターネットの仕入先を纏めてみました。

→電脳せどりの仕入先の秘密を完全暴露します!

 

仕入先の増加は利益の増加です。

ぜひともチェックしてみて下さいね!

 

中古品は永久に中古品であり続ける美学

僕の美学をお話しします。

中古品は壊れるまでは、永久に中古品だという事です。

 

もしも修理が可能であれば、それこそ永遠の命になります。

という事は中古品を取り扱えば永久に利益を出し続ける事ができるのです。

 

新品は開封した瞬間に、もしくは箱が破損した瞬間に中古品へと変わります。

しかし、中古は永遠に中古だという事です。

 

あなたが中古品を扱えば、永遠に繰り返して販売する事が可能になります。

扱う商品を徐々に増やしていけば、確実に収入が右肩上がりだという事です。

 

仕入れ店舗の拡張と合わせる事で、無敵の繰り返し販売が可能だという事です。

 

効率化で辿り着いた極地

せどり効率化の極地

 

僕はせどりの効率化を追求したところ、

1.キャッシュフローに意識せよ!

2.利益に刮目せよ!

3.繰り返し仕入れよ!

 

という3か条にたどり着きました。

 

この条件が怖いくらい当てはまっているのが

『電脳せどり+中古家電せどり』になります。

 

まさにタイガーマスクとそげキングばりの夢のコラボレーションですね。

そげキング

 

せどりの夢のコラボレーションはこちら

→家電せどりランキング第1位!仕入れのコツ、やり方をブログで徹底解説!

 

まとめ

効率化は何をするにとっても非常に大切です。

 

ちょっと話が大きくなりすぎるかもしれませんが、僕たちの命には限りがあります。

その限りある命の中で最も楽しく、そして最も幸せに生きる必要があるのです。

 

最も楽しく、そして最も幸せにという事を僕なりに追求していった結果、

『お金を稼ぐ時間は最短に』という結果に繋がったのです。

 

昔の僕がそうだったんですが、四六時中せどりをする事に喜びを感じていました。

初心者の時は、効率化なんてあまり意識していませんでした。

 

毎日のせどり活動をただひたすら純粋に楽しんでいました。

しかし、効率化が進むとせどりが更に楽しくなりました。

 

結局はお金を稼ぐためにせどりを実践しているのですから、効率化して収入が増えるとやっぱり嬉しいですね。

 

同じ時間のせど活で

月収10万円稼ぐのが幸せか。

月収30万円稼ぐのが幸せか。

月収100万円稼ぐのが幸せか。

 

これは僕が言うまでもなく、みんな答えは同じだと思います。

 

あなたが幸せな人生を送ることができるように、ぜひとも効率化を意識して取り組んでみてくださいね!

びっくりするくらい環境が変わってくると思います。

 

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

それでは、失礼します。

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -