【せどり実践講座VIP】







      2017/03/17

中古せどり〜ジャンク品に隠された秘密〜

 

 

こんにちは、大ちゃんです。

 

僕の影響で、中古せどりで覚醒した方が増えてきましたが、

そういった方から共通したご質問を頂いています。

それが、

 

「ジャンク扱いとはなんですか?仕入れ対象外ですか?」

 

という事です。

こちらについて解説していきます。

 

 

ジャンク品とは?

中古せどりを開始するにあたって、この言葉を知っておく必要があります。

 

ジャンク品(ジャンクひん、英語:Junk、故障品と同義)とは、そのまま使える見込みがないほど故障・損耗して、製品としての利用価値を失っている故障品。 ゴミ。 未使用か中古かは関係がない。 修理したり部品取りなどを行う者もいるが、販売側からの保証はなく返品できない物が多い。

引用:wikipedia

 

そうです、分かりやすく言えば、使えないゴミです。

もしも、こういう商品を仕入れて販売してしまったら、お客様から大クレームです。

返金は当たり前、最悪の場合は『評価1』を食らってしまい、あなたのお店の評価を落としてしまいます。

 

ジャンク品の取り扱いに関しては、全く良いことはありません。

修理の技術を兼ね備えた方以外は、ジャンク品は避けて通るのが無難だということです。

 

故障品であるがゆえに、市場では安く出回っています。

安さに飛びつきたくなりますが、一呼吸おいて冷静に判断することが大切です。

 

超注意!安い商品に隠された罠

『安かろう悪かろう』という言葉は耳にした事があると思います。

安い商品には罠が潜んでいる可能性が非常に高いので、

しっかりと注意深く観察する必要があります。

 

例えばこちらの商品ですが、

要注意プリンタ

 

Amazonで1万円以上で売れるプリンターが800円で出品されています。

 

しかし、

注意深く文章を読んでみると・・・

要注意文章

 

「あっ!ジャンク品だ!!」

 

という事が分かります。

 

商品タイトルにジャンクと書いてあれば非常に分かりやすいです。

しかし、説明欄に正常動作しない旨が記載されている事もあります。

この辺りを注意深く観察していく事がミス仕入れを無くす上で非常に大切です。

 

安いといって即座に入札してしまうと、最悪ゴミを仕入れる可能性もあります。

 

ジャンク扱いは出品者の価値観で決まる!

上記の事をご覧頂ければ『ジャンク=仕入れてはいけない』という事がご理解頂けたかと思います。

では、ジャンク扱いはどうでしょうか?

 

かなり微妙なオーラを醸し出しています。

故障品なの?そうじゃないの?どっちなの?

という感じで『?』が頭の上に飛びそうです。

 

この微妙な見解について触れていきます。

結論から言えば、ジャンク扱いの基準は出品者によって大きく変わります。

 

これを大別すると2つに絞られます。

・壊れている商品をジャンク扱い言い張る出品者

・念のためジャンク扱いにするという出品者

 

それぞれ解説していきます。

 

壊れてるから、ジャンク扱いね!

これは、正真正銘ジャンク品です。

出品コメントではこのように書かれています。

ジャンク扱い

 

動作確認が出来ていない時点で仕入れ対象外です。

ジャンク扱いというよりも、完全ジャンク品ですね。

 

念のためジャンク扱いにしよくよー!

これは、個人の出品者の場合が多いです。

動作確認は出来てるけど、トラブルが怖いので念のためジャンクにしとくという感じです。

 

例えば、こちらのコメントです。

念のためジャンク

 

古いから後々に故障する可能性があります。

だから、今は動くけど念のためジャンク扱いにしておこうといった感じです。

 

こういう商品は多くの出品者が見逃しますので、非常に狙い目です。

ただ、プリンタの場合は古いとノズルが詰まって動作不良の可能性があります。

 

プリンタの場合は長期保管品を避ける事が無難です。

 

ジャンクの神話が崩壊する

冒頭でジャンクはゴミだという事をお話ししましたが、実はお宝の場合もあります。

これは、出品者の特性をうまく見極める必要があります。

 

こちらはLINE@限定コンテンツとして後日掲載します。

少しお待ちくださいね!

 

LINE@友達申請はこちらから

大ちゃんと友達になる

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ジャンクの価値観が少し変わったのでは無いでしょうか?

 

誰にどう聞いてもジャンクは仕入れ対象外と言いますが、誰も寄り付かない場所は逆にお宝だったりします。

出品者の特性やその他の状況をしっかりと見極める事によって、誰も仕入れない市場で美味しく稼ぐ事が可能です。

 

世の中にはジャンクでは無いジャンクもあるという事です。

言わばブルーオーシャンです。

 

ライバルと同じ事を実践し続けても稼げるのがせどりのメリットです。

しかし、ライバルよりもひと回りもふた回りも大きく稼ぐせどりに興味があるのでしたら、こういう激アツポイントを逃さない手はありません。

 

僕らが周りの人よりも大きな利益を上げ続けている秘密の一つに、こういった物があります。

 

ちなみに、ジャンク扱いではなくジャンク品にも正常動作品が紛れている事があります。

そういった商品は一撃1〜5万円の利益を出す事も珍しくありません。

 

どんな状態のジャンクかをしっかりと見極める事が重要だと言うことです。

視野を広く持って行きましょう!

 

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -