【せどり実践講座VIP】

 







   

サラリーマンなら居酒屋に行かずに早よ帰れ!ドツボに嵌って給料が半減してまうぞ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

副業で会社の社長の給料を完全に超えても、サラリーマンを続けている人。独立するよりも自由なサラリーマン仲間と共に、非現実的なサラリーマンライフを満喫中。

詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、大ちゃんです。

 

金曜日の夜・・・

 

「明日は休みだ〜!!イエーイ!!今日は朝まで飲むぞー!!!」

 

って感じで繁華街は大盛り上がりです。

 

こんなに人がいるんだ?ってくらい街はサラリーマンで溢れかえります。

実際僕も若かれし頃は、飲んで騒いでオールナイトニッポンが当たり前でした。

 

居酒屋→二次会→ボーリング→カラオケという黄金ルートが出来上がっていました。

当時はめちゃくちゃ楽しかったです。毎週のように金曜日の夜を待ちわびていました。

 

しかし、これが『不自由への道』だという事に気がついたのはごく最近のことでした。

 

 

居酒屋が不自由の道と言われる『3つの所以』

僕は、吐くまで飲むということで有名でした。(酒に弱いだけですがw)

酔っ払って有頂天になって、吐いて撃沈・・・というのを繰り返していました。

 

そんなバカな僕でも、お酒についていろいろと考えました。

そして気付きました。居酒屋に行けばいくだけ不自由になってしまうと・・・

 

1.気づけば財布が空になっている

酔っ払いにノリが悪いのはご法度です。断れば一気に周りがシラけてしまいます。

だから、

 

「二次会行くかー?」

「おー!!」

 

 

「三次会行くかー?」

「おー!!」

 

 

ってノリでお財布事情を気にする事なく遊び倒してしまいます。

気づけば財布の中身が空っぽに・・・

 

空っぽにならずしても、財布の中から諭吉が行方不明になってしまいます。

捜索願を出すも虚しく、給料日になるまで諭吉は戻ってこないのです。

 

それがもしも望まない会社の飲み会であれば、全力で拒否しましょう!

『会社の飲み会の正しい断り方!嫌いな飲み会は死んでも行くな!』を実践すれば問題ありません。

 

2.帰って「おやすみ」そして朝・・・

これもかなりタチが悪いです。

飲みすぎて気持ち悪くなって、ベッドに倒れこみます。

 

歯も磨かず、風呂にも入らずに、服も着替えずにそのままおやすみモードです。

そして気づけば、朝・・・

 

飲んだ時間だけではなく、その後の時間も失ってしまいます。

1回飲みに行けば、18時から24時の6時間という時間を失ったという事になります。

 

この時間があれば・・・後ほど解説します。

 

3.あ、頭が・・・1日は二日酔いから始まる

次の日が二日酔いで始まるほど最悪な事はありません。

頭が痛くて何もする気が起こりません。その日が休みであれば、もう一眠りしてしまうかもしれません。

 

1日の始まりを最高の気分で迎える事ができなければ、パフォーマンスが下がってしまいます。

ちなみに、ベロベロまで飲めば体の中から完全にアルコールが抜けるまで数日かかります。

 

大切な休日を無駄にしないためにも、お酒は控える方が良いです。

 

気付きましたか?居酒屋は、時間とお金の浪費場所

仲間との居酒屋はめちゃくちゃ楽しいです。

しかし、居酒屋は時間とお金の浪費場所なのです。

 

1回飲みに行けば、最低3000円は必要です。

二次会以降のことを考えたら、1万円くらい必要です。

毎週のように飲みに行けば、1ヶ月4万円必要です。

 

時間だってそうです。

1回飲みに行けば、2時間は最低必要になってきます。

二次会以降のことを考えれば、6時間は必要になってきます。

毎週のように飲みに行けば、24時間が必要という事です。

 

飲み会をする事によって、1ヶ月4万円+24時間が失われてしまうのです。

 

財産が半分以下に!失われた代償はでかかった・・・

居酒屋通いをやめる事によって、毎月4万円+24時間が手に入ります。

24時間は、1日の自由時間が8時間と考えれば、3日分に相当します。

年間にすれば、48万円と288時間(36日分)が手に入るのです。

 

居酒屋で楽しむだけに『48万円と36日分の自由時間』が浪費されているのです。

これだけの時間があれば、あなたは何が出来ますか?

なんでも出来るような気分になってきませんか?

 

若い時に仕事を一生懸命頑張ったり、資格を取得したりすれば、今よりも確実に給料が上がります。

1年間居酒屋通いを封印して頑張れば、周りよりも早く出世が可能になります。

 

別の視点で見ていきましょう!

 

48万円と36日分の自由時間で副業起業する

48万円という金額があれば、その道のプロから最高峰のノウハウを学ぶことが可能になります。

そして、36日分の自由時間があれば、自らでお金を稼ぐ基盤を作る事ができます。

 

つまり、居酒屋通いを1年間封印するだけで、副業起業する事ができるのです。

会社に頼らず、自分一人の力だけでお金を稼ぐ事が出来るようになります。

 

僕は、居酒屋通いを辞めてたった1年間の副業で月収100万円を稼ぎ出す事ができました。

ですので、あなたも1年間本気で頑張るだけでも数万円〜数十万円は高確率で手に入れる事が出来るようになります。

 

1年間サラリーマンを頑張っても昇給は数千円の時代です。

しかし、1年間頑張って副業起業すれば、毎月数万円〜数十万円という金額を手に入れる事も可能です。

 

大きな収入を手に入れる事が出来る基盤が出来れば、あとは心ゆくまで飲んでも良いと思います。

今考えている贅沢が『当たり前』のレベル以下に思えて来るようになります。

副業起業をする事によって、人生の選択の幅は大きく広がってくるのです。

 

 生涯収入が半減?知られざる居酒屋のリスク

副業起業すれば、遅かれ早かれ結果を出す事ができます。

僕は1年で月収100万円を達成しましたが、僕よりもハイペースで稼ぎまくってる人も非常に多いです。

情報発信開始1ヶ月目にして月収500万円を達成したツワモノもいらっしゃいます。

 

真面目にサラリーマン一筋で頑張ってたら、一生涯副業の収入は0のままです。

比較的早い段階でそれに気付いた人は、数ヶ月〜数年で自由を感じ取る事ができる金額を稼ぎ出す事ができます。

 

サラリーマンの愚痴を言うために居酒屋通いを続けるか、それとも希望を信じて副業に勤しむか。

あなたの選択の違いで、生涯収入が2倍以上になる大きな可能性があるという事を忘れてはいけません。

 

幸せになりたきゃ居酒屋通いは今すぐやめろ!

居酒屋に通えば通うほど、あなたの大切な時間とお金を搾取されます。

18歳でサラリーマンデビューして、65歳の定年までを換算すれば飲み会にかかるお金と時間は膨大なものになります。

年間48万円と36日分を47年間で2256万円と1692日分になります。

 

話半分と考えても、1000万円と2年間分です。

このお金と時間を使って副業起業をするだけでも、老後を優雅に生きる資金源を確保する事ができます。

 

しっかりと時間を捻出して副業起業を実践すれば、数年でサラリーマンの生涯収入分のお金を稼ぎ出す事も可能になります。

そうすれば、65歳の定年を待たずしてサラリーマンライフを引退する事が出来るようになります。

 

あなたは、それでも居酒屋通いを続けますか?

 

この機会に、居酒屋に使うお金と時間の使い方を変えてみてはいかがでしょうか?

その瞬間、あなたの人生が大きく変わり始めます。

 

たった1年間で僕が月収100万円を手に入れたように、あなたも自分でも驚くレベルの収入を稼ぎ出す事も夢ではなくなります。

今こそ、理想の人生像を手に入れる時です!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

副業で会社の社長の給料を完全に超えても、サラリーマンを続けている人。独立するよりも自由なサラリーマン仲間と共に、非現実的なサラリーマンライフを満喫中。

詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© せど活 , 2017 All Rights Reserved.