せどりを始めて3年半が経っていた。

このころの僕は、毎月の収入が200万円前後で安定してきた。

ほぼ何もしなくても稼ぎ続ける仕組みを作り上げていた。

 

僕の負け犬人生に終止符が打たれた。

 

小中学校時代は、比較的勝ち組人生だった僕だが、

高校からの人生は負けの連続だった。

 

野球部として甲子園を目指して頑張っていたが、

高校3年生になった時にボールが投げられなくなった。

 

冬の筋トレを頑張りすぎて変なところに筋肉がついた影響で、

ボールが投げられなくなったのだと思っていた。

 

練習中でも試合中でも僕の投じたボールの行方は

神のみぞ知る恐ろしい状態だった。

 

僕の突然の変貌ぶりは、

僕だけで無く、みんな驚いていた。

 

みんなに見放された中、

野球部のキャプテンだけは遅くまで残ってくれて、

僕とキャッチボールをしてくれた。

 

しかし、どう足掻いても一向に良くならなかった。

最後の大会まで時間が無くて気持ちばかりが焦った。

 

僕の高校野球最後の大会は、

ベンチでの応援だった。

 

背番号「5」が泣いていた。

 

結局最後までボールを投げることが出来ずに、

僕の夏は終わった・・・

 

 

その後に不思議な事が起こった。

試合に負けた翌日、最後のノックをしていた時のこと。

僕は普通に投げれるようになっていた。

 

僕だけで無く、誰もが驚いた。

 

その当時は僕の中の七不思議だったが、

メジャーという漫画を見て精神的な病であるイップスであると知った。

 

僕は自分でも知らない間に心が逃げていたのだ。

それすら気付かなかった。

 

負け組人生の幕開けだった。

 

その後の就職活動も行きたい会社に行けずに、

適当に選んだ会社で2年間8万円の給料に甘んじた。

 

さらにはネットワークビジネスを始め、

その後も沢山のビジネスに手を出しては失敗した。

その影響で、150万円の大金を失っていた。

 

そんな僕でも奇跡的にせどりで稼げた。

せどりのアフィリエイトをしても奇跡的に稼げた。

 

負けまくりの人間でも、

奇跡的にビジネスを成功させることが出来たのだ。

これは僕の中の大きな自信になった。

 

2012年の終わりにせどりを開始して

5ヶ月後に月商が100万円になった。

 

2013年には月収100万円

2014年には月収200万円

2015年には月収300万円になった。

 

この数字はせどりだけでは無理だ。

せどりのアフィリエイトを行った事によって

右肩上がりに報酬が上がり続けるのだ。

 

 

僕のアフィリエイトは少し特殊で、

勝手に集客され、勝手に商品が売れ、勝手に報酬が発生するという

普通のアフィリエイターがやってるそれとは違った。

 

毎月毎月一生懸命アフィリエイトはしない。

 

年間に3、4回くらい緩くアフィリエイトをするだけだが、

収入を右肩上がりに高めていく事が出来る。

インターネットのレバレッジを最大限活用しているからだ。

 

そのレバレッジのおかげで、

ほとんど放置状態で毎月150〜200万円というお金が

発生するアフィリエイトだ。

 

それに合わせてたまに企画をするから、

爆発的に報酬が上がり続けるという事である。

 

僕のアフィリエイトに興味を持つ方が増えてきたので、

その方法を教える事にした。

 

公開日は大阪で打ち合わせがあったので、

売り上げが確認出来ずにそわそわしていた。

 

打ち合わせが終わって売り上げをチェックすると

僕は発狂した。

 

585万円・・・

 

サラリーマンの平均年収を超えていた。

たった1日の快進撃だった。

 

その後も売れに売れ続けて、

総売り上げ1190万円を記録した。

 

それとは別で210万円くらいの収入があったので、

僕はたった1ヶ月で1400万円を稼いでしまった。

 

月収1000万円を超えた瞬間だった。

 

負け犬人生から一転、

僕は自分でも訳の分からない金額を稼いでいたのだった。

 

 

・はじめに 

・第1部「僕の辞書から値段が消えた」

・第2部「社長が似合わない社長」

・第3部「BMWと軽自動車」

・第4部「努力の果てに掴んだ大損害」

・第5部「サラリーマンに突きつけられた現実」

・第6部「運命の貧乏おばちゃん」

・第7部「月収100万円の恐怖」

・第8部「僕は教える事に快感を覚える変態だった。」

・第9部「夢のない男の唯一の夢」

・第10部「たった1日で手に入れた年収」 ←今ココ

・第11部「楽しく生きる人生」