こんにちは、大ちゃんです。

 

ビームせどりが全面禁止になる可能性は

決してゼロではありません。

 

しかし、禁止になると言って怯えるよりも、

禁止になる前に稼ぎまくる方が賢い選択だと思います。

 

そうです。

ビームせどりを取り入れる事で、利益は大きく増えるということです。

 

それでは、ビームせどりについて

一緒に見てみましょう!

 

 

ビームせどりを取り入れた方が良い理由

現在はビームせどり禁止店舗もありますが、

ビームせどりが禁止でない店舗も沢山あります。

 

もしかしたら、ゆくゆくは

ビームせどりが全面禁止の可能性も否定出来ませんが、

それでも現在は全然余裕でビームせどりが出来ます。

 

だから、

ビームせどり全盛期である今に、

ガンガンビームせどりで稼ぎまくって、

商品知識をたらふく身につけて置くことが理想です。

 

商品知識をしっかりと身につければ、

例えビームせどりが全面禁止になったとしても、

現在の僕のようにノーチェック仕入れとかも

出来るようになります。

 

せどりで長期的に安定収入を期待しているのであれば、

今から全力でビームせどりをする事をお勧めします。

 

ちなみに、ビームせどりっていうのは、

小型バーコードリーダーとスマホを使って

商品検索をするアレの事を言います。。

 

最近でもブックオフでちょいちょい目撃しますね!

バーコードリーダーとスマホを持って、

商品を順番に検索するのがビームせどりです。

 

よく、店員と間違えられる人の事です(笑)

 

僕は現在では、

商品の相場観が頭の中に染み付いていますので、

ビームせどりは卒業したんですが、

 

せどり初心者さんがせどりで最短・最速で稼ごうと思ったら、

ビームせどりは必須中の必須だと僕は考えています。

 

というか、あなたがせどりを既にやっているのであれば、

既にビームせどりを実践した事があるのではないでしょうか?

 

せどりの登竜門と言ったら、

ビームせどりですからね!

 

もしもバーコードリーダーを持ってなくても、

スマホアプリからの仕入れは、

行った事があると思います。

 

王道で言えば、せどりすとやせどろいどです。

ツールにバーコードリーダーが付いているので、

めちゃくちゃ便利ですよね!

 

僕もそうだったんですが、

多くの人はビームせどりからせどりを開始します。

 

 このビームせどりは、

先に言ったように、店舗によっては禁止されています。

 

ビームせどりをしたら注意される店もあれば、

ビームせどりが出来ないようにバーコード部分を

隠している意地悪店舗もあったりします。

 

まぁ、それでも商品を検索する方法もありますので、

そこは安心して頂けたらと思います。

 

ちなみに、ビームせどり禁止店舗があるって言っても

ごく一部のことですので、現時点では過剰反応する必要は

全くありませんので、ご安心下さいね!

 

ビームせどりが稼げるのは分かっていても、

人によったらビームせどりに抵抗がある人もいると思います。

そう言う僕も最初はめちゃくちゃ抵抗がありました。

 

僕のビームせどりのデビュー戦の時は、

ブックオフの店員にわざわざ、

「バーコードリーダー使って検索しても大丈夫ですか?」

 

と恐る恐る聞く事から始めました。

 

そしたら、店員さんが志村けんのモノマネをしながら、

 

「だいじょうぶだぁ」

 

と言ってくれました。

いや、嘘です。

 

「大丈夫ですよ〜」

と優しい笑顔で言ってくれたのが印象的でした。

 

ただ、ブックオフでも地域によっては、

バーコードリーダーや、携帯サーチを全面禁止

している店舗もありますので全てがOKかと言えば、

そうではありません。

 

もしも抵抗がある方がいらっしゃれば、

一度店員さんに聞いてみても良いかもしれません。

 

慣れてくればどこでも構わずに

ビームを放ちまくるようになると思いますが、

最初の一歩は気が引けますからね。

 

店員さんの了承があったら、

心ゆくまでビームせどりが出来ますからね!

それも一つの手段だと思います。

 

ビームせどりが出来る出来ないは、

その店舗ごとによって変わってくるのですが、 

現状では、ビームせどりを有効活用して、

ガンガン仕入れまくる事をお勧めします。

 

先にもお話しした通り、ビームせどりが全面禁止になる前に、

沢山の商品を仕入れリスト化することによって、

例えビームせどりが全面禁止になったとしても、

 

過去に仕入れたリストを見ながら仕入れが出来ますので、

中長期的に安定収入を稼ぎ出すことが出来る様になります。

 

ビームせどりに抵抗ある方もいらっしゃると思いますが、

確実に稼ぐ事が出来ますので、

まだの方は即座に取り入れましょう!

 

とは言ったものの、

 

ビームせどりって何だっけ?

と思う方もやっぱりいらっしゃると思います。

 

ビームせどりは、小型バーコードリーダーを使ったせどりで、

商品のバーコードを読み取ってAmazonとの価格差を見つける

せどり手法になります。

 

バーコードリーダーを読み取って、

せどりすと等のアプリで解析して

仕入れる商品を判別する感じですね。

 

ちなみに、

スマホだけを使って、商品を検索することを

携帯サーチと言い、

 

バーコードリーダーを使ってバーコードを読み込みんで、

商品の検索をする事をビームせどりと言います。

 

こんな感じで区分けされていますが、

ぶっちゃけ名前はどうでも良いです。

 

今回あなたに覚えて頂きたいことは

ビームせどりが稼げるという事です。

 

検索速度が速ければ速いほど、

時給が高くなるという事ですね!

 

今回はバーコードリーダーを使ったら

どんだけ早く商品検索が出来るかを解説します。

 

動画を撮りましたので、

実際に比較するととても分かり易いです。

 

 

せどりすとと、バーコードリーダーで検索してみた動画の比較

 せどりすと単体のサーチ速度

 
 
ビームせどり(せどりすと+バーコードリーダー)

 

最初の動画が、せどりすと単体で検索した動画です。

次の動画が、せどりすと+バーコードリーダーのビームせどりの動画です。

 

検索速度の違いが一目瞭然ですよね。

 

検索時間が2倍違えば、単純計算で利益が2倍違います。

3倍違えば、利益が3倍違ってくるわけですね。

恐ろしい違いになります。

 

ちなみに、1度でもビームせどりを実践してしまったら、

二度と携帯サーチには戻る事が出来ません。

 

それだけ便利で切っても切り離せない

関係という事ですね!

 

ちなみに、

⇒僕が愛用していたバーコードリーダーは、こちらになります。

 

 

少し金額的に高いですが、

間違いなく費用対効果はダントツ高いです。

 

他のバーコードリーダーが読み取れなくても

何故かこのバーコードリーダーは読み込める事が

かなり沢山あります。

 

昔は妻(当時は彼女)と一緒にビームせどりをしてましたが、

僕は先のバーコードリーダーを使い、

妻は別のバーコードリーダーを使って検索していました。

 

2つを使い比べながら試したので、

間違いなく最強という事です。

 

 

ただ、どうしても高額になってきますので、

そんな高い物買えない!って方は、

⇒こちらがおススメです。

 

 

先ほどの商品に比べたら少し性能は落ちますが、

全然余裕で使う事が出来ます。

 

 

まとめ

効率良く検索する事で利益が全く変わってきます。

 

検索速度が2倍の時の例を挙げてみます。

一生懸命せどりアプリのせどりすとで検索して、

月収10万円だったとします。

 

ビームせどりに切り替えれば、

2倍の速度で検索できるので、

月収20万円になるというお話ですね。

 

4万円のバーコードリーダーを購入したとして

シュミレーションしてみましょう。

 

ビームせどりをしていない時は、

月収10万円です。

 

4万円のバーコードリーダーを購入して、

2倍速でせどりを実践したとすれば、

1ヶ月目は20万円ー4万円=16万円の利益です。

 

という事は、

たった1ヶ月目にして6万円得して楽できる計算になりますよね。

 

2ヶ月目からはバーコードリーダー代が不要ですので、

ビームせどりをする方が10万円多く稼げます。

 

そう考えたら、

即座にバーコードリーダーを購入して、

ガンガンサーチした方が賢いですね!

 

効率良く時給の高いせどりに魅力を感じて頂けるのであれば、

バーコードリーダーは必携品ですね。

 

せどりすとと組み合わせて、

効率良く稼いで行きましょう!

 

それではー!